スクイズ工法 スクイズ液 低粘度タイプ(汎用タイプ:冬用)
販売価格

50,160円 (税込)

購入数

コンクリートひび割れ 自動式低圧樹脂注入工法

スクイズ工法 スクイズ液低粘度タイプ(汎用タイプ:冬用)


   荷 姿 :段ボール
   内 容 :主剤4kg×2缶、硬化剤2kg×2缶、計12kg
   メーカー:ダイヤリフォーム(株)
   カタログ: 


※「汎用タイプ:一般用」はこちら

スクイズ工法では、ゴムシートを枠で固定したプレート〈スクイズプレート〉の注入ロより樹脂をプレート内に充填し、プレートをコンクリートのひび割れの上に貼り付けます。
プレート内の樹脂は、ゴムの復元力と毛細管現象によりひび割れの隅々まで注入されるため、確実性と経済性に特に優れたひび割れ注入工法です。




■スクイズ工法の特徴

  • 毛細ひび割れまで完全注入できる。
  • 注入ロが大きいので、低圧でも注入スピードが速い。
  • ひび割れのシールが簡単で、注入樹脂が漏れない。
  • 狭い場所での施工が可能。
  • 施工効率が高い。
  • 経済的な工法である。



この商品について問合わせる買い物を続ける